« 月下美人 | トップページ | 白銀も黄金もタマもなにせむに… »

2013年9月18日 (水)

月に吠える

新海域はまだ試しておりません。

いや、メンテを忘れてて、
まだデイリー消化してないだけなんですけどね。

はい、一応4-4まで制覇はしておりますので、
おそらくこのブログがアップされる頃には一度や二度は5-1チャレンジしてるかと。

公式発表で、潜水艦建造及びドロップ、
南方海域における翔鶴瑞鶴のドロップもアナウンスされてますので、
少しは楽になるんでしょうかね。
しかし、ますますもって、三隈初風のレア度があがりますな。

では、本日もはりきってまいりまシャウ!

横須賀鎮守府 艦隊司令室

ドタドタドタ、ガラガラー!

金剛     「テートクー、お邪魔するネー!」

J       「邪魔するなら帰って」

比叡     「あ、は、はい」

榛名     「えっ、って、姉さま」

霧島     「また吉本ですか、好きですねぇ」

金剛     「バカなギャグやってる場合じゃないヨ。
        テートク、私たちもユニット結成したネ」

J       「ユニット?ああ、睦月らのことかいな」

比叡     「そうみたいです」

J       「いや、ユニットも何も、お前ら金剛型四姉妹って言われてるやないか」

榛名     「ええ、そうなんですけど・・・」

金剛     「シャラーップ、いいから私たちのユニット名聞くネ」

J       「お、おお、で、なんてユニット名に」

金剛     「ハーイ、私たちのユニット名はお月見やるタイデース」

霧島     「姉さま、それでは博多っ子です」

比叡     「(お月見し隊)」

金剛     「Oh!、これは失礼しました。
        金剛も筆が謝るね」

霧島     「姉さま、弘法も筆の誤りです」

金剛     「シャラーーップ、加古を古鷹っては生きていけないネ」

榛名     「姉さま、もうわけがわかりません」

金剛     「ハーイ、テイトク、そういうわけだから」

J       「何がそういうわけやねん」

比叡     「お小遣いくださいとのことです」

J       「はぁ?」

金剛     「ユニット作るとお小遣いもらえるって睦月が言ってたネ」

J       「いや、あれは月見会するからと言うことで渡した分やけど」

金剛     「オーマイガーッ、テイトクが差別するネ」

J       「ちゅうか、お前ら毎月給金が入ってるやろが、
        睦月らはまだ小さいから、全然額も少ないねんぞ」

金剛     「やれやれ、日本の男がこんなにフトコロ狭いとは思わなかったネ」

榛名     「姉さま、だから言ったでしょ」

霧島     「実はですねぇ。
        イギリスから、大量に紅茶と食器を取り寄せたのですよ」

金剛     「せっかくテイトクにもらった紅茶セットがあるのに、
        ティーパックのお茶じゃあティータイムが興ざめデース」

比叡     「で、今月その請求書が来て、姉さまどころか、
        私たちのお財布もすっからかんで」

金剛     「円安がいけないのデス、アベノハルカスのせいデス」

霧島     「姉さま、アベノミクス」

榛名     「で、国会議事堂に吶喊デース、とか言ってるところに睦月ちゃんが来たもんですから」

J       「なるほど、損失補填しろと言う事やな」

比叡     「はい、さっすがですねぇ」

金剛     「テートク、お願いプリーズヘルプミー。ない袖はふれませんデース」

J       「紛らわしい事せんと、最初からそう言やあええのに、
        まあ、紅茶は俺ももらうことあるからしょうがないか、
        でもええか、今回だけやぞ」

金剛     「さっすが、私のダーリンネ、お月見会で月に向かって
        ンばあああああにーんぐらあああああああぶって言ってあげるネ」

J       「いや、それは遠慮しておくが、
        後、他の艦むすには言うなよ。
        それでなくても今月は一航戦と大和にむしりとられてるんやから」

比叡     「もちろんです、って言いたいところですが…」

加賀     「聞き捨てなりませんね」

金剛     「ワオ、壁に耳あり障子にメアリーデス」

大和     「提督~、あまり人聞きの悪い事を言わないでくれます」

J       「事実やないか、グボッ」

赤城     「あら、どうかしましたか?」

J       「ち、っくしょ~、この俺をこんな、グハッ」

大和     「あっ、提督ごめんなさい、装備がちょっと」

加賀     「というわけで、私たちもユニットを組むことにしましたので、
        予算ください」

J       「はっ、ユニット?なんや、食いしん坊万歳か?」

ドガーン、46cm炸裂!
壁に激突し、そのまま崩れ落ちるJ。

金剛     「じゃあ、サンキューテイトク、私たち、これからショッピングに出かけるね」

大和     「いいわね、じゃあ、私たちもジョインしていいかしら」

比叡     「はい、秋物商戦は始まったばかりですから」

霧島     「夏物をアウトレットで押さえて、その浮いた予算で秋物を…」

榛名     「ところで、大和たちのユニット名って」

加賀     「AKY48よ」

金剛型    「(ほんとにつけてたんだ)」






夕張     「私は夕雲と夕夕白書ってユニットつくろっと」


END








« 月下美人 | トップページ | 白銀も黄金もタマもなにせむに… »

艦隊これくしょん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335515/53306241

この記事へのトラックバック一覧です: 月に吠える:

« 月下美人 | トップページ | 白銀も黄金もタマもなにせむに… »