« 火中の栗を拾う | トップページ | 壁に耳あり障子にメアリー »

2013年10月 8日 (火)

七縦七禽

ファミマのコラボ商品で、

大和が随分クローズアップされてますなぁ。
2万人の大和持ちの一人としては、
嬉しい限りでございます。

で、大和と共にフルカラープリントTシャツになったのが瑞鳳。
ワシの目に狂いはなかった(9/15ブログ参照)
ええ、ポチりましたよ、さすがにタイツは需要ないけど、
つうか、タイツは履かせて破ることに意義が…。
履かせる相手もいないのでねぇ。
ましてや破るのはもったいないし。
何故、そのままニーソにしなかったのか!
とまあ、ここで憤ってても詮無い事。

次は夕張がくるで。

では、はりきってまいりまシャウ!



横須賀鎮守府 艦隊司令室

J       「ふぅ、また余計なものを買ってしまった」

大和     「あら、何か買い物されたんですか」

J       「ファミマがいきなりお前のTシャツやらなんやら売り出すから」

大和     「え~っ、やだ、恥ずかしい…、で、何買ったんですか」

J       「そら、お前…、まあ、いろいろと」

大和     「そんなこと言わずに、教えて教えて!」

Knock,Knock!

陸奥     「陸奥、入ります」

大和     「あっ、南方遠征に出てたむっちゃんが帰ってきたみたい」

J       「おう、お疲れ、お疲れさん」

大和     「って、何、その格好!」

陸奥     「やられたわ、潜水艦六隻」

J       「なんやて、で、怪我は、みんな大丈夫かいな」

雪風     「はい、陸奥さんの撤退指示が早かったから、
        みんな、大丈夫ですよ」

J       「まあ、軽傷で済んだのは何よりやが、
        装備は結構やられてるなぁ」

夕張     「こっちも二隻は落としたんですけどねぇ、舞ちゃん」

舞風     「ゆっきーとあたしで一隻、夕張ちゃんが一隻」

J       「そうか、わかった、とりあえず風呂入ってゆっくり休め。
        つか、お前らは元気みたいやな」

陸奥     「なのよねぇ。自分で言うのもなんだけど、
        足が遅い艦から狙われてたみたいで」

大和     「えっ、じゃあ私もやばいのかな」

陸奥     「仇を取ってほしいところだけど、
        大和じゃしんどいかも」

J       「そうか、しかしどうせ奥までいったらボス倒さんといかんやろうし、
        そうなると軽巡や駆逐では心もとないなぁ」

バタン!司令室のドアが開く。

金剛     「私たちの出番デース!」

J       「流派、南方不敗は」

金剛     「よこしまの風よ」

J       「全身」

比叡     「痙攣」

榛名     「た、大破?」

霧島     「錯乱ー?」

J       「見よ、砲塔は赤く燃えている!」

ビシッ!

陸奥     「なんでそこで私を指さすのよ!
        失礼しちゃうわね」

金剛     「ばっちり決まったデース!
        テートクー、ハイターッチ!」

J       「ふむ、普段から練習してた甲斐があったな。
        榛名や霧島も早く慣れるように」

大和     「何これ?」

榛名     「はあ、何でもガンダムがどうとかって」

霧島     「なんでこっちまでこんなことにつきあわされなきゃいけないのよ」

比叡     「でも、お姉さまとの特訓は面白かったです」

陸奥     「やれやれ、じゃあ、とりあえず私お化粧直してくるから、
        金剛、後はよろしくね」

金剛     「テートク、カボチャが食べたいネ」

陸奥     「聞けよ!
        ちなみにカボチャならチビちゃんたちがいっぱい確保してたわよ」

金剛     「クッ、先を越されたネ、今からでもカボチャ大王のお面を…」

J       「なんの話や」

舞風     「ハロウィンだよ」

J       「ああ、トリックオアトリートな」

雪風     「ああ、こうしちゃいられません、しれぇ、雪風たちも行っていい?」

大和     「あまり間宮さんに無茶いっちゃだめよ」

舞風     「はーい、ゆっきー、行くよ」

ドタドタドタ…

J       「よっしゃ、金剛、それと夕張、
        後は舞雪やな、残りの二人の人選はまかせる」

金剛     「オーライ、提督、タイタニックに乗ったつもりで安心しててよ」

霧島     「姉さま、タイタニックは沈んでます」

金剛     「ワオ、サウサンプトンで見た雄姿が最後だったのネ」

霧島     「姉さまの生まれる少し前の話なんですけど」

金剛     「シャアァァァァァラァァァップ、姉に口答えするとは」

比叡     「(この間DVDで見てたの、ディカプリオの奴)」

榛名     「(なるほど)」

J       「お、おお、それはともかくよろしく頼むな」

金剛     「じゃあ、早速パンプキンパイを作ってくるデース」

ドタドタドタ…

大和     「だ、大丈夫かな?」

J       「榛名と霧島がなんとかしてくれるやろ」

大和     「ね、提督、さっきの話の続きだけど、私のグッズって何買ったの…」

J       「え、ええやないか。その話は…」

大和     「ほらほら、首絞めちゃうぞ」

J       「ああ、もう昼間っから抱きつくな、俺が何を買おうとかまへんやん」

バタン。

加賀     「関係オオアリクイですね」

大和     「あちゃー」

赤城     「えっと、確か私のTシャツ、タペストリー」

加賀     「あら、私のグッズも出てるわね、お買い上げありがとうございます」

J       「…」

赤城     「わざわざすみません、早く届くといいですね」

J       「赤城や加賀にはいつだって会えるから…」

加賀     「パスワードは?」

J       「はい?」

加賀     「パスワードは?と聞いている」

J       「*********」

赤城     「大和、瑞鳳、榛名、イムヤ、ゴーヤ…」

J       「(言えない、売れ残りそうだから抑えてないなんて)」

赤城     「(ティキーン)…頭の中で何か」

加賀     「どうせ売れ残りとか思ってるんでしょ」

大和     「あっ、提督ごめんなさい、今日、夕食当番だったから、
        一航戦のみなさん、後はよろしくね」

タッタッタ、司令室から出ていく大和。

加賀     「そうね、さっさと済まして夕食にしましょう」

赤城     「ちょうどいい運動ね」

J       「すみません、堪忍してやってください」

加賀     「問答無用です」

ちゅどーん!



つか、ファミマさん、小出しにしないでラインアップ揃えてから、
一度に掲載してくれませんか、
なるたけまとめて注文したいんですけど。

« 火中の栗を拾う | トップページ | 壁に耳あり障子にメアリー »

艦隊これくしょん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335515/53532121

この記事へのトラックバック一覧です: 七縦七禽:

« 火中の栗を拾う | トップページ | 壁に耳あり障子にメアリー »